慢性下痢 薬

下痢止めの薬は飲み続けると効かなくなる?

慢性下痢 薬

慢性的な下痢で悩んでいる人は
市販の下痢止め薬に頼るという人も多いでしょう。

 

しかし下痢自体は体の中の悪いものを
出すためのものなので、あまり飲まない方が良いのです。

 

過敏性腸症候群で悩む人にとっては飲む場合が
その人にとって良い場合もありますが、その時の下痢が
本当に過敏性腸症候群からくるものなのか見分けがつかない場合もあります。

 

中々治らないと思っていたら、
ウイルスによる下痢だっという事もあるかもしれません。
また下痢止めを長期間にわたって飲む事はあまりおすすめできません。

 

下痢止めを長く飲んでいると薬に対する耐性ができて、効かなくなってくるからです。

 

そうすれば薬の量も増えるので、薬による副作用が出る場合があります。

 

また薬は長期的に飲むと胃を痛めます。
特にぜん動運動をストップさせる薬は強い薬が多いので、
それを飲み続けていると胃の痛みが出始める事も少なくありません。

 

腸が弱い人は基本的に消化器系が弱いので、胃もデリケートな人が多いのです。

 

また腸内環境を良くしようと殺菌力の高い下痢止めを飲んでいると、
腸内の善玉菌も殺してしまうので悪循環になる可能性があります。

 

慢性的な下痢で悩む人にとっては下痢止めはやめるのが怖いという
意見もあるでしょうが、下痢止めは一時的な処置にしかすぎず、
根本的な原因に働きかけるものではありません。

 

ですから下痢を治したいなら、殺菌力の高い薬を飲むのではなく、
善玉菌を増やしたり腸内環境を食べ物やサプリメントなどで
健康にする方が早く下痢がおさまります。

 

確かに即効性はありませんが、はじめは薬と併用しながら
自分に合ったやり方を見つけると徐々によくなっていく人もたくさんいます。

 

普段から睡眠不足や不規則な生活を改めて
自律神経のバランスを良くし、ストレスを溜めすぎない生活が第一です。

 

またリラックスできる方法を見つけていくと、ストレスを発散できるので良いですね。

 

規則正しい生活は毎日の継続が必要なのでサプリメントなどをサポート役として利用しましょう。