慢性下痢 薬

慢性下痢に有効な市販薬

下痢は無意識にやってくるため自分で
コントロールできないので非常に困りますね。

 

そういう時には下痢を一時的に止めてくれる市販の薬が役に立ちます。
家の中だけでなく外出先でも急に痛くなった時に飲めるように、
カバンに常に入れておくと安心ですね。

 

ただ市販の薬にも色々な用途があるので、
自分の症状に合った薬を選ぶように気をつけましょう。

 

薬にはまず風やウイルス、食あたりに効果的な
腸内を殺菌してくれる薬があります。

 

腸内にいる黄色ブドウ球菌を退治してそれによる下痢を鎮めてくれます。
この薬は慢性的な下痢で悩んでいる場合よりも、一時的な下痢止めとなります。

 

その他に腸内のぜん動運動を抑制する薬が売られています。
腸の壁に直接働きかけてぜん動運動をストップさせる成分でできています。

 

こちらは例えば電車の中や会議など、緊張した時に
限ってお腹が痛くなるというパターン性がある人に向いている薬です。

 

過敏性腸症候群の人もこのパターンが多いので、
下痢を起こしたくないという時に飲むと効果的です。

 

ただウイルスを外に出さなければならない食あたりの
下痢の場合はこの薬は向いていません。

 

また便は基本的に外に出さなければならないので、
頻繁に継続して飲まないように注意が必要です。

 

そして食べ過ぎや冷たいものを飲みすぎて腸内が炎症を起こして
下痢をしている場合に、収れん作用が粘膜に働きかける薬もあります。

 

また腸内環境が悪く、細菌が増えるのを抑制させる効果を持つので、
暴飲暴食や辛い物を食べ過ぎた時、腸が疲れている時に飲む薬があります。

 

そして軟便と便秘を繰り返す、悪玉菌が増えている
腸に働きかけるのが、乳酸菌でできた薬です。

 

こちらは毎日継続しても乳酸菌でできているので問題はありません。
どちらかというと、便の状態がよくないなと思った時に
定期的にずっと飲むような薬です。

 

また普段から便秘気味で、トイレのリズムがつかめない人に飲まれています。
なかには、赤ちゃんが飲めるタイプもあります。