慢性下痢 腸内フローラ

最近話題の腸内フローラって一体何?

慢性下痢 サプリ

 

乳酸菌の含まれた商品や整腸剤のCMなんかで
よく腸内フローラという言葉を聞いた事はありませんか?

 

体内フローラを良くする、など名前を聞いただけでは
よく分かりませんが、簡単に言えば腸内細菌の集まりの事で、
その環境やバランスを総じて腸内フローラと言ったりもします。

 

人間の腸の中には100種類以上の細菌が
住んでおり、その種類は人によっても違います。

 

色々な細菌が腸の壁面に集まっていて、
それがお花畑のように例えられる事から腸内フローラと呼ばれるようになりました。

 

人によって腸内フローラの種類は違うのですが、
大きく3つのグループに分けることができます。

 

まずは腸内のぜん動運動を正常に動かして
いらないものを体外に捨てる働きを持つ善玉菌です。

 

善玉菌はビフィズス菌やフェーカリス菌など、
ヨーグルトで有名な菌も善玉菌のグループに入ります。

 

そしてその働きの邪魔をして、有毒物質を出したり腸内のものを
腐らせたりするグループが悪玉菌と我々が言っている菌で、
ブドウ球菌が代表する悪玉菌の1つです。

 

そして特に悪でも善でもないといった日和見菌がいて、
バクテロイデスがこのグループに入ります。

 

この3つのグループは、腸内でいつも陣取り合戦を行っており、
どれかのグループが強くなると腸内の環境がガラッと変わります。

 

善でも悪でもない日和見菌も、
体調が悪くなると悪玉菌に変化してしまう事もあります

 

この菌同士の戦いによって人間の腸内環境は左右され、
3つの理想的なバランスは善玉菌2悪玉菌1日和見菌が7と言われています。

 

悪玉菌が優勢になると、便秘や軟便、オナラが臭いなどの症状が出たり、
有毒物質を体が吸収してしまい将来的にガンになる原因にもなるのです。

 

腸内フローラは赤ちゃんの時は無菌ですが、
生まれた直後から母乳や離乳食を介して色々な菌が体に住み着きます。

 

善玉菌は加齢によって減少していきますが、若い頃にフローラの
バランスを崩す生活ばかりを行っていると、老年期よりも前に腸内フローラが悪くなってしまいます。