悪玉菌 影響

代表的な悪玉菌の種類と体に与える影響

慢性下痢 改善

 

腸内には善玉菌の他に悪玉菌、日和見菌といった
大きく分けて3つの菌が存在します。

 

善玉菌はご存知の通り腸内環境を良くしてくれる
良いグループですが、日和見菌は善でも悪でもない普通の菌です。

 

しかし、日和見菌も体調を崩したりすると腸内環境を悪くする事があります。

 

そして悪玉菌ですが、悪玉菌と一口にいっても
沢山の種類の悪玉菌が存在します。
代表的な悪玉菌の1つとして存在するのが大腸菌です。

 

大腸菌はどちらかと言えば腸内が健康で善玉菌が優勢の
腸の中にも生きる事ができるので、日和見菌とも言われています。

 

しかし、バランスの悪い食事などが続くと慢性的に下痢や
便秘を引き起こしたり、免疫力を低下させてしまうやっかいな存在です。

 

また大腸菌には色々と種類があり、中には
大腸菌が原因で引き起こされる病原大腸菌もいます。
その中でも代表的な病原大腸菌はO157で、冬頃になると流行りだします。

 

その他悪玉菌ではウェルシュ菌が有名で、ウェルシュ菌は
耐熱性があるため、食事の際に火を通しても生きたまま腸内に住み着きます。

 

また火の通りにくい食品の中心部である無酸素の所でも
生きられるので、全てを除菌することは中々難しいのです。

 

ウェルシュ菌は慢性下痢や便秘で悩んでいる人や腸内環境が
悪玉菌優勢になってしまっている人の腸内に見られます。

 

さらにウェルシュ菌は便秘や下痢だけでなく発がん性物質を
作る菌であるため、将来的にがんになる可能性もあります。

 

その他にも皮膚に取り付きやすい事でも有名なのがブドウ球菌です。

 

ブドウ球菌も病原大腸菌と同じく、免疫力を弱らせたりアンモニアや
硫化水素などの有害物質を作るので、腸内環境を悪くさせます。

 

また悪玉菌優勢を放っておくと悪玉菌がさらに強化された
超悪玉菌であるETBF菌という菌が発生します。

 

ETBF菌は慢性下痢をはじめ、腸内の炎症や
大腸ガンを引き起こす事が分かっています。

 

特に大腸ガンのリスクも通常の悪玉菌よりも高まる事が
分かっていますので、これらの悪玉菌には注意が必要です。