乳酸菌サプリ

乳酸菌サプリで大事なのは量より種類の多さが大事

慢性下痢 改善

 

腸内フローラを整えると言えば、ヨーグルトが主流でしたが、
最近注目されているのは乳酸菌がサプリメントになった乳酸菌サプリです。

 

ヨーグルトは確かに体に良いのですが、腸に届くまでに胃で溶けてしまったり、
毎日は飽きる、そもそも酸っぱいのが苦手という継続しにくい問題もあります。

 

その点乳酸菌サプリは腸に届きやすい製法で
菌の量を調節できたり、手軽で簡単というメリットがあります。

 

しかし乳酸菌サプリにも非常に種類があり、一体どれを選んだら
良いのか分からないといった意見もあります。

 

そこで選ぶ基準とされやすいのが乳酸菌の量です。
確かに腸まで乳酸菌を届かせようと思ったら、
乳酸菌が沢山入っている方が、腸に良いと単純に考えるでしょう。

 

しかし乳酸菌には色々な種類があり、その菌種が今いる自分の
腸内フローラが好む菌種かどうかが非常に重要となります。

 

飲んだサプリの菌種が1種類で、それが腸内フローラが嫌いな菌種であれば、
いくら飲んでも定着しにくくなってしまい、そのサプリメントはアウトとなります。

 

しかし腸に聞くこともできないし、1つずつサプリメントを試すのも時間がかかるので、
量よりも菌種の数が多いサプリメントを飲む方が早いという訳なのです。

 

乳酸菌は口から入って腸に届いたら、善玉菌にとって
良い働きをサポートする乳酸菌生産物質を生み出します。

 

どんな腸内フローラにも合うのは、色々な菌種の乳酸菌生産物質
含んだ乳酸菌サプリが良いという事になります。

 

また乳酸菌は他のオリゴ糖や食物繊維といった
腸内環境を良くする成分との相性が良いです。

 

これらの成分と一緒に乳酸菌を摂ると、
相乗効果が期待でき、サポート力がパワーアップします。

 

サプリメントにはこのような相乗効果が期待できるサポート成分が含まれており、
一緒に飲めるというのも大きなメリットですので、サポート成分にも着目しましょう。

 

乳酸菌をきちんと腸内で働かせる事ができるサプリメントを選ぶ事と、
自分の目的に合った乳酸菌を選ぶ事が重要です。